55ジョージは、ごじゅうごジョージ?それとも . . .?

日本人は、音で遊ぶのがとても好きです。たとえば、「よろしく」を「4649」と数字で読んだり、
「耳の日」が「み(3)み(3)の日」で3月3日、「鼻の日」が「は(8)な(7)の日」で8月7日だったりします。そうなんです、「55ジョージ」には、「がんばれ ジョージ (GWの学生たち)!」という意味が込められているんです。

Monday, November 5, 2007

ウォンカさんのハローウィン



私の一番面白いハローウィンは、二年前のだと思う。その時ごろまでほとんどハローウィンをしませんでした。小学校の六年生の時から高校を出た時までいいコスチュームをいつも考えなかったからです。でも、大学で勉強しにDCへ来た年コスチュームを着てハローウィンをしたかったです。それから、DCのそばでアニメ・コンがあって、コンでコスプレを出来ましたから、他の所でコスチュームを着られました。だから、ハローウィンとコスプレ・コスチュームを作ってウォンカ・ウィリーになりました。とても面白くておかしいコスチュームなのでした!シルクハットとフロックコートを買って、お菓子が中にある杖を作って、全部は、とてもよさそうでした。それから、子供の時にチャーリーとチョコレート工場と言って、ウォンカ・ウィリーの本をよく読んで、その年に出た映画を見ましたから、ウォンカさんのようによく話せました。

服が出来たら、うんざりしましたから、ハローウィンの前の土曜日の夜にコスチュームを着ました。夜にメトロで乗って、デゥポン・サークルやジョージタウンへ行きました。ファラゴット・ウェスト駅の前でお母さんは、私を見て、「すごいね!息子は、ウォンカ・ウィリーが大好きなんだ!」と言いました。「ウォンカさん、写真をとっていいですか」と聞きました。私は、嬉しくなりました。それから、次の週にインターネットで私がメトロを乗っている写真を見つけました。でも、残念なことに何もおきましたから、デゥポン・サークルもジョージタウンにもいる方はメトロで乗っている時よりもっとつまらない。それから、ジョージタウンで晩御飯を食べに紅花のレストランへ行きましたけど、食べ物は、まずかったんです。それに眠そうになりましたから、寮へ帰りました。本当に今考えて、ちょっと変な夜だったかもしれませんけど、そのハロウィンは、面白かったと思いました。変なハローウィンをするのは、ハローウィンをしないより面白いです。

2 comments:

とんぼ said...

この写真がインターネットにのったのですか。ワシントンポストなどの新聞のサイトにのりましたか。有名人になったんですね。

M said...

とんばさん、
有名人になって、人がたくさん見るころのは、欲しいですよ!残念なことに誰かのFLICKRのサイトだけに乗せました。見た人は少ないはずです。しかし、見た人が一人何これ?!と言うのを見たことがありました。それは、面白かったんです。