55ジョージは、ごじゅうごジョージ?それとも . . .?

日本人は、音で遊ぶのがとても好きです。たとえば、「よろしく」を「4649」と数字で読んだり、
「耳の日」が「み(3)み(3)の日」で3月3日、「鼻の日」が「は(8)な(7)の日」で8月7日だったりします。そうなんです、「55ジョージ」には、「がんばれ ジョージ (GWの学生たち)!」という意味が込められているんです。

Sunday, October 7, 2007

目はおこってる

私は「目はおこってる」という映画を見た時に高校で赤面したこを思い出しました。最上級生の時に、私はドラマ部の演出「アーサー・ミラーのクルーシブル」で重要な役を演じました。このぎきょくは高校の演出があったから、演ずるべき重要{じゅうよう}な役割{やくわり}がありました。私はメリー・ウォランの役をつとめたので、ジョン・プロクタとしたつもりでした。ブラインはぶたいに私をなげたり、膝当てたりしましたから、ひじ当てを着ました。「でも、生傷をおいましたよ!」3カ月後に私たちはぎきょくでなんども、演じて勝ち進みました。ついに、優勝戦に着きました。舞台裏から、そのシアターはもんいんそでだから、不安になりました。ローレンス・オリヴィエは上演の前にもどしましたがぶたいにもどしませ

んと思いました。私の姿を見ると、友だちは熱いお茶に上げたから、飲んだを寛いでいました。まもなくまくはあきかけていて、すべてとんとんびょうしに進みました。げれども、ジョン・プロクタとメリー・ウォランのあらごとのあいだにおそろしいことが、立てました。ブラインは私を投げつるなり、ばらばらのゆかいたに転落しました。私は観衆の笑い声をかくことが、できました。私の顔からひがでて、たちおがって、かいだんをゆっくりとあがって、せりふを話して見ました。あげく、私たちは二位をおくって、自分の間違いをはじなをゆるしました。今、うでのあとは「私のゆうがなえんき」をおもいたします!

1 comment:

べんちゃん said...

まだ、きずが残っているんですか!一生忘れられない思い出になりましたね。