55ジョージは、ごじゅうごジョージ?それとも . . .?

日本人は、音で遊ぶのがとても好きです。たとえば、「よろしく」を「4649」と数字で読んだり、
「耳の日」が「み(3)み(3)の日」で3月3日、「鼻の日」が「は(8)な(7)の日」で8月7日だったりします。そうなんです、「55ジョージ」には、「がんばれ ジョージ (GWの学生たち)!」という意味が込められているんです。

Saturday, March 29, 2008

嫌われ松子の一生


松子さんのニックネームは「嫌われ松子」。主人公は、中谷美紀さんというきれいな女優さんで、この映画で第30回日本アカデミー賞をもらいました。小説を映画化したものですが、悲しい話をコミカルにミュージカルもシーンも入れて描いています。映画は、松子の甥の笙が松子の家を訪ねることから始まりますが、笙はJAPN106の学生と同じぐらいの年なので、みんなも笙の見た松子を見ることができるかもしれません。ところで、監督は中島哲也監督です。中島監督は、女優さんを褒めないことで有名です。逆に、「女優、やめろ。」「下手だ。殺すぞ」と何回も言うので、主人公の中谷さんは女優をやめようと何度も思ったそうです。ででも、映画ができて、今は「松子を演ずるために今まで女優を続けてきた」と思えるそうです。ぜひ、お薦めの映画です。見てください。

1 comment:

Callidrad said...

僕はこの映画はとても悪いと思います。そして、この映画はちょっとつまらないでしょう。残念。