55ジョージは、ごじゅうごジョージ?それとも . . .?

日本人は、音で遊ぶのがとても好きです。たとえば、「よろしく」を「4649」と数字で読んだり、
「耳の日」が「み(3)み(3)の日」で3月3日、「鼻の日」が「は(8)な(7)の日」で8月7日だったりします。そうなんです、「55ジョージ」には、「がんばれ ジョージ (GWの学生たち)!」という意味が込められているんです。

Tuesday, March 25, 2008

耳をすませば (Whisper of the Heart)

「耳をすませば」は、作家弦楽器製作者(Instrument Maker)の恋愛映画だ。映画の設定は、十年間ぐらい前の東京の郊外だ。

しずくと言う中学生は本を読むのが好きな女性だ。同じ図書館の本を読む不思議な男の人に気があるようになった。

それから、ある日電車を乗るところ、太い猫を追って骨董品店に入れた。その場所では、その男の子に偶然出会って、二人の間に愛が芽生えた。

彼は二ヶ月にイタリアにバイオリンの作りを勉強しに行くことになった。その間に、しずくは愛情の為に短編小説を書く決心をした。







この映画が有名な「みやざき・はやお」の「Studio Ghibli」と言うアニメ会社に作られたのに、賞を獲得しなかった。僕は「Studio Ghibli」の他の映画を見たことがあるが、「耳をすませば」より、その映画を見た方がいいよ!「耳をすませば」の筋書き(plot)が、弱いから。その理由で、推薦できない!

僕の意見では、この映画の「Take Me Home, Country Roads」と言う歌が、ジョン・デンバーと言う歌手の歌より、よいと思う。僕はバイオリンが、ギターより、好きだから。

2 comments:

JG said...

私は映画評論と同意しない。見たあることが最も愚かな映画。プロットはより多くの計画を必要とした。理解すること困難しかし映画は無意味だった。使用されたジョンデンバーの歌の田舎道はしかしより愚かな映画を作成した。映画のプロットは一緒に流れない。

ミナミ said...

私はこの映画が好きでした。かわいかったけど、決まり文句だと思いました。しずくの本を書いたことはいいメッセージと思います。