55ジョージは、ごじゅうごジョージ?それとも . . .?

日本人は、音で遊ぶのがとても好きです。たとえば、「よろしく」を「4649」と数字で読んだり、
「耳の日」が「み(3)み(3)の日」で3月3日、「鼻の日」が「は(8)な(7)の日」で8月7日だったりします。そうなんです、「55ジョージ」には、「がんばれ ジョージ (GWの学生たち)!」という意味が込められているんです。

Tuesday, March 25, 2008

手紙






「手紙」はとても面白い映画です。日本で2003に「手紙」と言う小説が書かれて、2006年11月3日に全国竹・東急系で公開された。映画の主人公の名前は武島直貴さんです。でも、重要なキャラクターは武島直貴さんのお兄さん武島剛志さんです。剛志さんは背中を折ってしまったので仕事に辞めせられた。武島直貴 さんの高校の三年生の時、武島剛志さんは直貴さんが大学へ行けるためにお金を盗すもうとした。剛志さんは世間の壁を感じたから泥棒になりました。家の住人に見つけられて、剛志さんはパニックをして、その人を殺してしまいました。剛志さんは刑務所に行かせられた。剛志さんの刑罰は、死ぬまで刑務所から出られないことでした。刑務所に入ってから唯一のコミュニケーションは手紙です。直貴さんはこのこと起こった後で他の人に殺人者として 見られました。いつも非常に寂しく感じました。お兄さんがしたことが知られてから仕事を辞めさせられた。そしたら、新しい仕事や家に探さなくてはいけないのでした。三番目の仕事では直貴さんゆみこさんと言う人に会います。その時、直貴さんの人生に入りました。その後で直貴さんの人生が変わって、それにゆみこさんは直貴さんの恋人になりたがっていたのです。

この映画は良かったけどちょっと悲しかったです。この映画は私を泣かせたから感動的な映画だと思います。実際の話みたいでした。最初見ていたところ映画の演技が悪いと思いました。でも、映画を見た後もう一度見てからとても面白い映画だと思うになりました。私は妹がいるから見た後でよく考えました。私はもし剛志さんの立場になったら、何が起こるか分かることは出来ない。

映画の歌と結末は相応すると思います。楽観的な音楽や結末は同じ感じでした。結末の解決は不足でしたからキャラクターの進化が少ししかありません。終わりの後で質問が残るから直貴さんは手紙を書き続けるかどうか分かりません。直貴さんと剛志さんは話し続けますか?

http://www.tegami-movie.jp/

4 comments:

PEN6 said...

これは感動的な映画だった。映画は僕を泣かした。本当にいい映画を思ったが、強くすすめる!

なおと言う主人公は、お兄さんに手紙を全然書かなかったから、なおの奥さんは、なおより、強かった。これは男の行動なのかと思った。

お兄さんがなおの為に、した事をした。でも、なおは全然感謝しなかった!映画の間、ずっとなおが最悪だと思った。でも映画が終わってから、もう最悪な人じゃないと思わない。

確かに、なおは何もやっていないのに、お兄さんの行動だから、なおの生活が大変だし、難しかった!全てを与えられなかった。アパートだし、仕事だし、結婚だ。なんと悲しい生活だろう!

最後で、小田和正(おだ・かずまさ)の歌は、そんなの結末に相応しかった。でも、内容が全然不足だった。なおは、お兄さんに手紙の書くのを継続した?もう書かなかった?最後でお兄さんがなおに話して欲しかった?お兄さんが泣いている時、なおを許してあげた?なおとお兄さんは仲直りをした?これから、なおがお兄さんに会いに行くかどうか分からない!

イメカ said...

  その映画が絶対に好きでした。ポストはいいサマリーだと思います。感動させたことがあるので、ちょっと泣きました。特に、映画の終わりに赤ちゃんのように泣きました。そして、後で、たくさんいろいろなことについて考えました。たとえば、家族の愛とか悪い同時発生とか許すことについて考えます。
  その映画はとても強いストリーがあります。信じられました。いつもたくさん大きい感情の時を経験しました。「悲しいかな」と思いました。終わりはちょっと不満足だと思いました。なぜなら、たくさん質問が持ったからです。全部を見せません。それでも、大丈夫です。後で、いい気持ちを持っている。
  俳優と女優は本当に上手しよく書くしいいキャラクタがいましたよ。特に、ナオです。全部キャラクタは不便だのに、実行のために分かれやすいです。それから、実行はいいので、映画を見る間にたいていキャラクタについて共感を持っていました。よく「かわいそう」と思いました。
  その映画を進めます。よく作った映画ですよ。

Sons of said...

だめです!だめな映画ですよ!演戯はとてもいいですけど、ここちよくなくになりました。なおのせいめいはたいへんでひたよ!

Kat said...

この映画はよかったけどちょっとつまらないでした。主唱はかなり考え込んでむっつりします。喜劇役者になりたいから、それが少し変だと思います。それに比べて、彼を愛している女の人の方が好意的で優しいです。

映画のテーマはじっくり考えさせます。主唱の兄が刑務所にいるから彼はよく困っていて、日本の社会について何かを示します。アメリカに家族の問題ため人を解雇することが不法だけど映画に日本にそれを時々させていることが見えます。面白い比較です。