55ジョージは、ごじゅうごジョージ?それとも . . .?

日本人は、音で遊ぶのがとても好きです。たとえば、「よろしく」を「4649」と数字で読んだり、
「耳の日」が「み(3)み(3)の日」で3月3日、「鼻の日」が「は(8)な(7)の日」で8月7日だったりします。そうなんです、「55ジョージ」には、「がんばれ ジョージ (GWの学生たち)!」という意味が込められているんです。

Tuesday, March 25, 2008

ピンポン

ピンポンは日本の青年たちの友情と人生についた映画です。この映画の主演は窪塚洋介さんです。窪塚さんはこの映画で星野(ペコ)と言う高校ピンポン選手を演技します。星野(ペコ)には月本(スマイル)という友達がいます。二人は子供のときからずっと親しい友達です。スマイルの別名は月本が全然笑ない人だからできました。月本葉ピンポンにすごい才能がありますが、小心な性格のためにぴんぽんを熱心にしません。ペコは小さい時、スマイルにピンポンを教えた友達です。ペコとスマイルは全国ピンポン大会にしゅっじょうします。最後にペコがスマイルとの決勝を勝ちます。でも、でも、スマイルは試合の後、始めに”スマイル”します。

私は、この映画がとても好きだったんです。映像、音楽、キャスチング全部完璧だと思います。特別に上の写真にある星と月の絵が
星野と月本の名前と同じ事実はとてもおもしろいです。

2 comments:

staxdixon said...

僕もピンポンって言う映画が好きだった。いつもと同じ、竹中直人は素晴らしいです。ピンポンを見る前に見た事がない俳優もうよかった。この映画は初から終わりまで見やすくて面白かったですね。

かなめ said...

とても日本の映画も にっていました。日本の文化を この映画の中に 見られます。ピンポンは 僕の高校の時を 覚えなければなりません。映画は とても 面白かった 話でした。 僕は スポーツが 好きじゃないですけど まだたのしかったです。