55ジョージは、ごじゅうごジョージ?それとも . . .?

日本人は、音で遊ぶのがとても好きです。たとえば、「よろしく」を「4649」と数字で読んだり、
「耳の日」が「み(3)み(3)の日」で3月3日、「鼻の日」が「は(8)な(7)の日」で8月7日だったりします。そうなんです、「55ジョージ」には、「がんばれ ジョージ (GWの学生たち)!」という意味が込められているんです。

Tuesday, March 25, 2008

さけび

この映画は、黒澤のきょうふ映画です。2006年に、黒澤さんに、叫びが作られた。役所さんは、叫びのスターで、巡査の吉岡です。吉岡さんは、映画で さつじんじけんをかいけつとしている。でも、私たちに混同するように、たくさんさつじんじけんがあって、一おばけだけです。そのうえ、この映画は、とてもこわいです。

私は、こわい映画が、好きじゃないと、叫びがきらいことになります。全部見えませんでした。でも、この映画は、よかったです。役所さんのえんぎりょくは、とてもいいで、おばけ (はずきさん)は、こわいで、いいじょゆうです。安くないそうでしたから、古くてこわい映画とちがいます。おばけのとくしゅこうかもよかったです。叫びのすじたては、おもしろくて、たくさん他の映画のすじたての同じじゃないです。映画を見る人が叫びにじじつかんけいを考えさせる。こわい映画が好き人があれば、叫びを見るべし。

3 comments:

lotuslion said...

「叫び」はすごくこわくなかっただと思うけど、ちょっと変。エンドわべつに変だと思う。でも、私もカストのえんぎりょくはすばらしかっただと思う。役所さんとはずきさんはとてもすばらしかった。

マーシャル said...
This comment has been removed by the author.
マーシャル said...

たいていホラー映画 を好きじゃないけど先週「叫び」を見た。残念ですね。この映画見たことがあるですが名前は少し違う。名前は「The Grudge」と思う。